THE CORE KITCHEN/SPACE - ザ コアキッチン スペース

ABOUT

広い歩道を有する新虎通りに面したカフェ・ダイニング、イベントスペース。
クリエイティブ産業に関わる企業や人、スタートアップが集まり、交流し、アイデアを生み出すクリエーターズハブを目指します。
新たな繋がりをサポートするコミュニティマネージャーを常駐させ、
エリアマネジメント活動の拠点のコア(=核)としてにぎわいを生み出します。

MISSION

新橋と虎ノ門を繋ぐ、東京の新たなシンボルストリート「新虎通り」の核となる沿道開発のモデル事業として、
町並みづくりを牽引し、沿道のにぎわいづくりの拠点となることで、
「国際新都心・グローバルビジネスセンター」を目指す虎ノ門・新橋エリアの進化・発展に貢献します。

MURAL ART
『PERFECT/Imperfection』
「完全なる不完全」

作品紹介

近年は、テクノロジーによって完璧なイメージを作ることが容易となり、バーチャルな視覚世界もすっかり見慣れたものとなりました。人々が思い描く”理想”のイメージは高められ、“完璧にできる自分”、”キラキラと映える日常” も、無意識のうちに理想図となっていく一方で、理想と現実のギャップに苦しめられる機会もより多くなったのではないでしょうか。

私達は、人間本来の持つ不完全な部分を見つめ直し、より身体的な感覚を感じ取る事ができるアクションを入れ込むことで、人間は本来、不完全な部分もある”動物”であるということを改めて認識できるきっかけになればと考えました。
高い理想を目指す志を持ちながらも、同時にそれが理想通りにいかなくても、それでもいいのだと受け入れる余裕を持つことも、必要なのではないかなと。
公開制作というプロセスを通じて、フリーハンドで描いた線や形の全ては再現不可能な一瞬一瞬の奇跡の積み重さなりの産物です。
また、完璧に見えるシンメトリーも、クリーンな線の形も、よく見れば人の手が描いた、いびつな部分が隠れています。
希望や理想、喜び、悲しみ、、
今という時間、様々な人生を生きる人々の交差を背景に、色と色の奇跡的な混じり合いや筆跡を、現在のタイムラインの中に、“壁画”という形で刻み込んだ記憶の記録でもあります。

Mural Artist HITOTZUKI / ヒトツキ

お互いが独立したアーティストであり夫婦でもあるKAMIとSASUによるアートユニット。1999年から共同制作を開始し、日本のストリートアートをネクストレベルへと押し上げたパイオニア的存在。世界を舞台に壁画制作を中心に活動中。"HITOTZUKI"は「日と月」、太陽と月を意味し、男と女、+と−、陰と陽など、相反する二つが調和して一つの正解を創るという制作の意が込められている。まさにこの二人でしか表現できない唯一無二の世界観を生み出している。

http://www.hitotzuki.com/

CONCEPT

「新虎通りCORE」は、 新虎通り沿道において、街区の統合・再編を実現した第1号プロジェクトであり、今後の沿道開発におけるモデル事業。
新虎通りと日比谷通りの交差点に位置する、地上15F・地下1F、延床面積約17,500㎡、総貸室面積約1万㎡の複合施設です。
最新スペックのオフィス、600㎡超のインキュベーションオフィス、カジュアルで使い勝手の良いレストランを併設しています。

http://toranomonhills.com/area/shintora-dori_core/

MENU DIRECTION

マルディ・グラ 和知 徹

1967年、兵庫県淡路島生まれ。辻調理師専門学校へ入学した翌年に同校のフランス校で研修。その後、ブルゴーニュの一つ星「ランパール」で研修する。卒業後、「レストランひらまつ」に入社。在職中にパリ「ヴィヴァロワ」で研修し、帰国後はひらまつ系列の飯倉「アポリネール」の料理長に就任。退職後の96年、銀座「グレープガンボ」でオープン時から3年間、料理長を務める。01年に自身の店「マルディ・グラ」をオープン。

OPERATING COMPANIES

森ビル株式会社
https://www.mori.co.jp/

東京都港区六本木6丁目10番1号
六本木ヒルズ森タワー

森ビル株式会社

株式会社トランジットジェネラルオフィス
https://www.transit-web.com/

東京都港区北青山3-5-6青朋ビル3階
 

株式会社トランジットジェネラルオフィス